自分で真性包茎を改善できる矯正器具「キトー君」

真性包茎とは、茎の部分を包む包皮の入り口が非常に狭いため、普段の状態においても、手などを使ってむくことができない状態のことをいいます。日本では、一般的に60~70%の成人男性が仮性包茎といわれていますが、それに比べて真性包茎は数%ほどしかいないとされています。真性包茎は、臭いや性器の成長を妨げるだけでなく陰茎癌の原因にもなるなどの様々な問題があります。
真性包茎には早急な治療が必要ですが、手術によってしか治すことができないといわれています。しかし、その問題を自分自身で治療できる器具が「キトー君」です。

■キトー君とは?
キトー君はテレビでも紹介されたことのある真性包茎を矯正する器具です。
真性包茎の原因となっている包皮の入り口を広げるために開発されたものであり、皮を「切る」ではなく「伸ばす」というコンセプトです。狭くなっている入り口を、少しずつ広げていく仕組みになっています。包皮に入れる先端部分は、安全性のため丸くなっており、力加減によって広がる大きさが変わります。使用時間は1日30分ほどで、2週間の目安です。
価格は現在のところ、手が疲労しないためのストッパーが付いているものが12800円(税込)、ストッパーなしが9800円(税込)となっています。

■キトー君のメリット
キトー君を使用するうえでのメリットは、以下のような点があります。
・精神的負担の軽減
真性包茎による精神的負担はかなりのものであるといえます。誰かに相談することや共感してもらうこともなかなか難しいです。医師に相談や診断してもらうこともつらい場合があります。その点、キトー君は自己で矯正を行えるため、そういった精神的な負担を減らすことができます。
・お金がかからない
真性包茎の手術費は、一般的に保険適用ありで3~5万円、保険適用なしの自由診療の手術で約15万円かかるといわれています。それに病院までの交通費や診断料も加えるとかなりの値段です。しかし、キトー君の場合は器具だけの値段で済むため、かなりの費用を抑えることができます。
・時間の自由
手術で治す場合、病院まで通う時間がかかりますし、入院する必要もでてきます。キトー君なら、自分の家で自由な時間にできます。持ち運びも可能です。
・サポート体制の充実
メーカー側による「返金制度」、保険適用における「手術代保証制度」、「後払い制度」、「郵便局止め」などのサービスも充実しています。

■キトー君の使用上の注意
包皮を徐々に広げていく必要があるため、焦って急に広げたり力を入れすぎたりすると傷つくおそれがあり注意が必要です。性器はとても敏感な部分ですので、扱い方が大切です。また、器具は常に洗浄して清潔な状態で使用し、その際に性器も清潔な状態にしておきましょう。使用後にも黴菌等が入らないようきれいにします。
説明書をよく読み、正しく使用することが大切ですが、状態や場合によっては、メーカー側に確認をしたり医療機関に相談することも必要となります。

真性包茎は、身体的、精神的負担は相当なものだといえますし、何より性行為に大きな障害が生じるといえます。これでは恋人をつくるどころか、恋愛すらしにくいでしょう。真性包茎は手術で治療する人が多いですが、手術は怖いものでもありますし、何とか自分で改善できればと思う方も多いはずです。そのような時に、キトー君は期待できるのではないでしょうか。

2週間で自信が持てます!

手術しなきゃいけないのかな、恥ずかしくて病院に行けない。
見られている気がするから、裸になる温泉にも行けない。
そんな辛い真性包茎で悩んでいる男性に朗報の自分で治せる真性包茎改善アイテムがついに登場です!
真性包茎を自分で直せるグッズその名は「キトー君」のご紹介。
これさえあれば、今まで悩んできた悩みも簡単に解決できるのです。

◆切らない、見られない、自分で治せる真性包茎矯正グッズ
真性包茎の治療には、本来保険適用で医師の診断を受けたのちに治療が可能となりますが、お医者さんで診断の為に見せなければいけないですし、ましてや手術となると痛みも伴います。
でもキトー君なら毎日自分一人で訓練するので、恥ずかしさも痛みもない上に、自分のペースでゆっくり訓練できます。
更にはキトー君は先端が丸い球状加工をされているので、皮の穴に入れた際はずれにくくなっています。
毎日このまま30分キープすれば、真性包茎に悩んでいた事なんてすっかり忘れる瞬間が14日間で訪れるのです。

◆毎日30分包皮輪を広げる訓練で露出可能!
真性包茎は皮の穴(包皮輪)が狭い事で亀頭が露出できないために起こる包茎と言われます。
その皮の穴を広げる訓練をパワフルに手助けするのがキトー君なんです。
人間の皮は伸びる性質を持っているので、皮の口が毎日訓練して広げてあげるとだんだん拡がり大きくなってくるのです。
毎日30分訓練すれば、2週間程度で亀頭が露出してきます。
皮が広がるのは何も亀頭だけではありません。
元々人間の皮は伸びやすく、太った人が急激に痩せるとお腹の皮が余ってしわしわになったり、アマゾンの原住民の方の様にくちびるの間を切開して中に小皿を入れる部族がいる様に、皮は延ばそうと思えばどんどん伸びるのです。
でもその伸ばす間には固定をする道具が必要というわけなのですが、その包皮輪を伸ばしたまま固定をするのが、このキトー君と言うわけです。
キトー君の特徴は単純明快な仕組みで出来ているのです。

◆30分も拡げてられないなんて心配無用。安心のストッパー付きモデルもご用意
皮を広げる事の出来るキトー君にはキトー君DXというストッパーモデルも用意されています。
皮を広げるにはおよそ30分間は広げる訓練が必要ですので、その間キトー君を握りしめておくのには大変。
そんな事も想定して、一度セットしたらそのままでも大丈夫なキトー君DXもご用意しております。
丸ごと水洗い可能なので衛生的にも安心してお使いいただけます。
ご満足いただけない場合は返金も可能ですよ。

包茎矯正機器「キトー君」についての概要

1.キトー君の特徴について
キトー君.com社が製作と販売を手掛けている「キトー君」に関してですが、その名の通り、青少年期からの包茎が治らない男性の方のための包茎矯正器具の一種といえる商品類であり、その包茎状態である本人が自ら扱い、陰茎先にある亀頭部分をこの器具の先端部分を引っ掛けて亀頭先穴の部分を広げて中の陰茎を外へ出し、包茎の矯正をしていくといった使用目的のある製品仕様になっている商品です。

2.キトー君の使用方法について
このキトー君自体には、9800円の通常版と1万2800円からなるDX版の2種類があります。後者の方としては固定させることが出来るようにストッパーが付いていますので、キトー君DDX本体の先端をそのまま陰茎先端の包茎状態の亀頭先の穴へ入れて、なるだけ多く伸ばして痛みを堪えられる適度なところで、ストッパーを止めて一旦固定をさせるような感じになります。こうした動作を何度か繰り返しながら、包茎の症状を治していくといった流れになります。

3.キトー君を扱う注意点
これは通常版あるいはDX版の何れにおいても同じですが、包茎状態である亀頭先部分の穴を広げたりする際には、包茎の状態自体が仮性包茎あるいはカントン包茎のような状態で、最初から包茎による締め付けが強いような状態になっているせいもあり、このため広げようとすると激しい痛みを感じたりする方もおられるようです。このため、最初のうちは少しずつ広げていくやり方がのぞましいといえます。

4.キトー君を使うメリットについて
通常版あるいはDX版の何れの商品にしろ、自分の力の限度でマイペースに包茎矯正作業をしていける点がありがたいといえます。また、わざわざ泌尿器科や皮膚科などのような専門医院へ不安を抱えながら出掛けたりするような思いもしなくて済みますので、そうした点でとても安心が出来る商品類である事には間違いがありません。

5.キトー君に期待しうる効果について
このキトー君の機器類を使用していく事により、自分だけのペースで無理なく自らの包茎の症状を治していけるといった面で、陰茎部分の健康管理などを効率的に行えるようになりますので、そうした点で、股間部分においての健康維持といった効果が大変期待出来る商品といえます。

6.キトー君が類似品より優れている点について
やはり、先にも話したように、通常版とDX版の2種類があり、設計自体も精密になされているうえにステンレス製ですので、金属負けのアレルギーなどの体質の方でも難なく使用していける点がとてもありがたいといえます。また、この製造・開発元であるキトー君.com社の公式ページからの購入をすれば、全額返金保障制度や手術代金保証制度、郵便局止め、後払い可能な点なども大変魅力的ですので、包茎で現在悩まれている方などはぜひ、購入を検討してみる価値はあるかもしれません。